八ヶ岳

平日休みがあったのでまたしても山へ。
もうそろそろテント泊をしたいのだけれど、なかなか実行できない。
今回も日帰りとなった。

場所は「八ヶ岳」
最初赤岳のみにしようと思ったが、せっかくなので硫黄岳・横岳・赤岳とぐるっと一周にしてみた。

前日の夜に出発し、美濃戸登山口の近くにある「やまのこ村」へと向かった。
駐車料金が1000円かかるが時間の節約のためということで。
しかしここまでの道のりが強烈だった。道幅は狭く、荒れているところもあり普通車じゃ無理なんじゃない?って感じだった。
もちろん真っ暗だし、久しぶりにヤバイと思った(笑)

グッタリしたところで車中泊して朝5時に起床。6時に出発。結構肌寒い。
d0231877_22554039.jpg

やまのこ村山荘。朝5時過ぎに料金を徴収しにきた。早く出発したかったので助かる。

d0231877_22564618.jpg

ここから登山口となる。今回は北沢コースを登って行くことに。

d0231877_2258458.jpg

しばらくは林道を歩いてく。

d0231877_2258514.jpg

7時20分赤岳鉱泉に到着。テント泊のグループが2組いた。
少し休んで出発。

d0231877_22593310.jpg

今日は台風一過のような晴天だ。樹林帯の中でもヤバイくらい天気がいいのが分かる。
とにかく天気のいいうちに稜線へ出ようと急いだ。

d0231877_230498.jpg

森林限界が近づくにつれてこれから登る硫黄岳が見えてきた。

d0231877_2313770.jpg

「赤岩の頭」に到着。時間は8時30分。ここからは稜線だ。
景色も良く気持ちのいい登りになる。

d0231877_232226.jpg

硫黄岳に着いた。時間は8時50分。
硫黄岳の頂上は広くてなめらか。昼寝するにはもってこいだけど、先が長いのでそれはできない。


頂上で写真を撮ってもらったおじさん5人と話す。明日は蓼科山に行くそうだ。
「今日は天気が最高ですねー」と言うと、
「あー、横岳の手前から富士山がバッチリ見えるでー」と言われた。
d0231877_2332018.jpg

硫黄岳から横岳に向かう道。
途中にあるのは硫黄岳山荘。


しばらく行くと、出ました!富士山!!
d0231877_2343936.jpg

d0231877_2351488.jpg

やっぱ富士山が見えるとテンションがあがる(笑)

d0231877_236032.jpg

横岳に近づくにつれて荒々しい岩場になっていく。
途中覗き込むと「ウヒョー!」ってなるような絶壁をトラバースしたりして横岳到着。時間はちょうど10時。

こんどはおばちゃんパーティーと話し込む。
昨日は赤岳頂上小屋に泊まったらしく、今朝のご来光はハンパなかったらしい。若干興奮気味だった(笑)
そんな無邪気なおばちゃんと分かれて腹が減ったので大休憩とする。
休憩してると朝駐車場で挨拶した2人組に会った。彼らは自分と逆のコースで一周するようだ。

休憩を終えて先へ進むと最後の赤岳が見えてきた。
d0231877_2364235.jpg

一番存在感があるね。
しかも結構な登りが待ち構えてる・・・・・・・。

d0231877_2373450.jpg

地蔵仏を過ぎて

d0231877_2381564.jpg

赤岳展望荘を過ぎて本格的な登りに。

ここの登りで70近いおばちゃんとすれ違う。
「赤岳からどうやって降りるの?」と聞かれ
「文三郎で降りようと思ってるんですけど」と言うと
「あそこはガレてて歩きにくいから気をつけな」とアドバイスされた。
両膝にはゴムバンドを巻いて、頭にはバンダナを巻いて相当なベテランだと思った。
d0231877_239067.jpg

赤岳とーちゃーく!
しかしガスっちゃいました。ざんね~ん・・・・・・・・。
展望が悪いので少し休憩して降りることに。

d0231877_2394179.jpg

結構急な岩場を降りていく

d0231877_23102020.jpg

すると文三郎登山道と阿弥陀岳に行く登山道で別れる。
ちなみに阿弥陀岳に行く気力は無い・・・・・・。文三郎登山道で降りることに。

d0231877_2311966.jpg

さっきのおばちゃんの言うとおり、ガレ場が長くて歩きづらい。それが終わっても石の混ざっている道で、気を付けないと滑って転ぶ。

d0231877_23115268.jpg

それでもテンポ良く下って行って行者小屋に着いた。

「あれ?早かったじゃないの?」と後ろから声をかけられ振り向くと、赤岳ですれ違ったおばちゃんだった。
「文三郎キツかったでしょ?はいご褒美」とチョコをもらった(笑)
「どっから降りてきたんですか?」と聞くと
「私たちは地蔵尾根から降りてきたのよ。そっちのほうが楽だから」
なるほど~。全然眼中になかった。

もらったチョコを食べながらデジイチで撮った写真を見てみると、横岳を過ぎたあたりからの写真にスジが入ってる。
「なんだこれ?」とレンズを見てみると










d0231877_23124599.jpg

「ぎゃーーーーーーーーー!!やっちゃった~!!(泣)」
全然覚えが無い・・・・・・。
どこでぶつけたんだろう?
しかもレンズカバーしてたはずなのに。

完全にテンションダウン。

幸いにもレンズプロテクターだけっぽいので良かったが、後々そのプロテクターのネジ山がゆがんじゃってて修理となりました(泣)


ま、それはさておき後は南沢を下っていくだけ。
d0231877_23134355.jpg

結構長い距離を歩いて登山口に到着。
時間は14時。

d0231877_23142583.jpg

最近の登山では一番長い距離を歩いたと思うけど、やっぱり最近のハードな山をこなしてたからそんなにキツくはなかったかな?
でも登山は天気がいい日にかぎるね。

ちなみに今回のコース
d0231877_23145822.jpg




レンズの修理・・・・・・・・・・・・1ヶ月だってさ。反省。
[PR]
by seven__three | 2009-09-28 22:53 | 山登り


<< 中ノ岳 1日目 有明山 >>