カテゴリ:ゲレンデ( 27 )

豪雪地帯のファーストトラック再び(後編)

道の駅で仮眠して、スキー場へと向かう。

しかし降雪が半端じゃない!

駐車場に着くと、除雪作業の真っ最中。
よく見ると30cm以上は積もっている。
d0231877_20333535.jpg

オープン前にレストハウスに行ってしばし休憩。
しかし何度も言うけど雪の降りっぷりがスゴい。
d0231877_2034169.jpg

営業開始10分前にリフト乗り場に行ってみるが、リフトが動く気配なし。
しばらくしてリフト係のおじさんが来て「圧雪作業が間に合わないから8時30分に開始できない」という。
時計を見ると確かに時間が過ぎていた。
d0231877_20345588.jpg

ちなみに先週同様、先頭に並んでいます。

10分後にリフト運行開始。
やっぱり一番は気持ちいい!
d0231877_20355783.jpg

とか思ってても、このドカ雪に板が走らないのは間違いなさそうな気がしてならない。

第1ペアリフトを降りてCコースを見るが横殴りの雪とちょっとガスっていて視界が良くない

ということでEコースに向かった。

もちろんファーストトラックだ!

「いやっほう!」と飛び込んだのも束の間。やっぱり板が走らずに、とってもスローリーな1本になってしまった。

もうそれからはCコースばっかり。こっちのほうが斜度があるのでEコースよりはマシだった。

ただ全然視界が良くならない。

それでも深すぎるパウダーバーンに勢いよく突っ込んでいき、ドフ~っと気持ちいい4ターンくらいを永遠に繰り返す(笑)
その後は失速しちゃうけどね。

短い板の人たちは、スタックしたまま20分くらいモゾモゾしてた。

しばらくして辺りを見回すと、どうやら他の人たちは撤退したらしく、自分一人しか滑ってない気がする。リフトに乗ってるのも、隣のコースでスキーの大会をやっていたので、ピチピチのウェアを着た人たちは乗っているが、パウダーで遊んでるのは自分一人しかいない感じがする。

リフト係のおじさんも「おまえだけだよ、さっきからグルグルグルグルまわっているのは」と言っているような顔をしている(笑)

もう楽しくてしょーがない。

しばらくしたら天気が回復して薄日が差してきた。
d0231877_2037966.jpg

もうリフトに何本乗ったか分からない。

ゴーグルが曇っちゃって10分くらいレストハウスで休憩した以外は、ずーっと滑りっぱなし。
時計を見たら11時を回っていた。

「もう結構ギタギタになったでしょ?」と思っていたら、いきなり晴れだして遊んでたバーンがハッキリ見えた。
d0231877_20375312.jpg

完全にギタギタだね。
それからはまた端っこに残っているパウダーを滑って遊ぶ。

「いやー、今日は楽しい!」
d0231877_20383223.jpg

12時を過ぎると気温がグングン上がっていき、あっという間に雪が腐っていった。

d0231877_20391787.jpg

リフト午前券の終わる時間は13時。それまでキッチリ滑って楽しい時間が終了した。

その後はお決まりの温泉へ向かう。

d0231877_20395791.jpg

温泉入って軽く寝て、今日一緒に滑る予定だったkei君と、今日午後から水上で滑っているルーマーと奥利根で合流してナイターセッション。
d0231877_20403576.jpg

ルーマーがちょっと気になったツリーの中を除いてみると、残っていましたパウダーが。
ま、ちょっとタイトだけど。
ここでも少しパウダーをいただく。

しかしルーマーの滑りには惚れ惚れしてしまう。
彼はこんなタイトなツリーの中も飛び跳ねるように軽々と滑ってしまう。やっぱ彼は違う!

結局21時くらいまで滑ったのかな?
その後は水上の温泉街にある「雪松」でかたやきを食べてみんなと別れた。この店深夜1時までやってるらしい。
d0231877_20411942.jpg

今回の「さかえ倶楽部」は楽しかった!
この重めの雪質で激深はスキーヤーじゃたぶん無理だと思った。たしかに一人もいなかったけど。
ボードもトンガリ持っていた人は数人いたけど、途中であんまり見なくなっちゃいました。
人がだんだんいなくなっていったのも、前半の悪天候が良かったのかも(笑)

でも言っておきますけど、ハズした時はつまらないゲレンデになると思いますから注意してください。
[PR]
by seven__three | 2008-02-19 20:29 | ゲレンデ

豪雪地帯のファーストトラック再び(前編)

「さかえ倶楽部にしようか?」
そんな約束を友人のkei君と金曜日の夜にした。
2週連続で「さかえ倶楽部」に行くことになった。

そのまま夜に出発し快調に車を走らせていたのも束の間。究極の睡魔に襲われて、駒寄PAで爆睡・・・・・。

目が覚めると朝の4時。奇跡的に起きた自分をほめる。
関越はトンネル前からチェーン規制になっていた。
湯沢で降りて国道353へ。ここには「十二峠」というエキスパートな峠がある。
ちなみにこの時雪はドカ降り。道幅が雪で狭くなり、対向車がきたらアウト。
しばらく走ると、ワンボックスが停まっており、その前にレガシーが斜めに停まっていて数人で押している。どうやらスタックしたらしい。

しばらく車の中で様子を見ていたけど、一向に脱出できそうにない状態。
「じゃー人助けしちゃおう」と牽引ロープを持って行き「ひっぱりますよ!」と言うと「お願いします」との返事。
牽引ロープをレガシーに引っ掛けようとしたけれど、牽引フックが見当たらない。
「あれ?フックが見当たらない」とみんなで覗き込むが無い。スポイラーに隠れてるのかも?

「じゃ、どーすんの?」と考えていると、対向車が来て地元のおじさんが降りてきた。
「なに?どーしたの?」
「いやー、スタックしちゃって」
「この車、ツーダブ?フォーダブ?」

一瞬みんな考えたが、2駆か4駆か聞いてるのだ。
「あ、フォーダブです」
「じゃ、みんなで押すべ!」

大人4人が後ろにまわり「せーの!」で一気に押す。
するとあっけなく脱出した。
ちなみにこの時点で朝の5時30分。

眠いし疲れてるしで、早くスキー場に行って仮眠したかったので、早々に車へと歩いていると
「あのー・・・・・、ありがとうございました!」とレガシーの運転手が千円を握り締め、そして僕に渡そうとした。
「いやいや、そーいうのはいらないよ!」と言いながら車に乗ってドアを閉めようとしたら、彼はドアのサイドポケットに千円を滑り込ませてそそくさと戻っていった。
僕は返しに行くのも面倒なのでありがたく受け取る(笑)

ちなみに彼は自分の前のワンボックスのおじさんと、対向車のおじさんには渡していない(笑)

それからまた車を走らせるが、この十二峠、まだまだ気が抜けない。

下りの左カーブが迫ってきたので、軽くブレーキを踏んだ途端に、デリカのタイヤがロックしてツーッと滑り出した。
ポンピングをするが、なんとなく間に合いそうもない雰囲気。
「ヤバ。左か右か、どっちかの壁にぶつけて車を停めるしかないかな?」
なんて思いながらもスーパーポンピングブレーキ(笑)

結果、ギリギリで車が操縦可能になり難を逃れた。
これでさらに疲れ倍増・・・・・。

しばらくするとkei君からメール。
「すみません、二度寝しちゃいました」
そんなお茶目なメールに完全脱力・・・・・。

もうこの積雪と、恐らく渋滞するであろう高速道路で、朝一のパウダーは無理だと思われるkei君の分までパウダーを喰ってやろうと硬く決意して、道の駅で仮眠。

こんな波乱万丈な滑り出しに、撮った写真は一枚も無し・・・・・・・(つづく)
[PR]
by seven__three | 2008-02-18 20:28 | ゲレンデ

やっぱリゾマンだね

3連休の2日目の夜。

宮崎男児と別れた僕らは、今度は「おいちゃん」と合流すべく苗場へと向かった。
おいちゃんは僕らのために友人からリゾートマンションを借りてきてくれてたのだ。

グッジョブ!おいちゃん。
d0231877_20204685.jpg

こたつが似合うぜ!!

翌朝、駐車場代がタダという理由で田代の駐車場からスタートする。
ここでルーマーと待ち合わせ。

今日は登るということで、全員ハイクの準備をしてかぐらまで向かう。
d0231877_20212894.jpg

今日は天気が良い。今シーズンのバックカントリーは全て晴れている。
リフトを乗り継いでいる途中で、ユッキ~の「ちょっとあそこのツリーに行って見ない?」という誘いに乗ってしまい時間をロス。

結局登り開始は10時近くになってしまった。
d0231877_2022213.jpg

ただ一人シールのルーマーには先に行ってもらい、スノーシューの僕らはマイペースで登る。
バカトモだけルーマーに喰らいついていたけど。

5ロマ降り場に着いたときには、おいちゃんは滝のような汗を流し、ものすごい湯気を発していた。

ちょっと休んで中尾根へ。

がんばれ!おいちゃん!!
d0231877_20231268.jpg

色々悩んだけど、今日は南斜面のトラックが少ないので南に決定。

ここはビデオしか撮っていないので動画からの1コマ。

おいちゃん
d0231877_2024247.jpg

バカトモ
d0231877_20244418.jpg

ルーマー
d0231877_2025208.jpg

雪庇ジャンプからのドロップ。

ユッキ~
d0231877_20255598.jpg

雪は思っていたほど重くなく、気持ちいい1本になった。
その後は1回ゲレンデに戻り、軽く昼飯にする。

「じゃ、2本目行ってみる?」
「俺は見学~」とおいちゃん。

残念だけど、1本目のおいちゃんの流した汗の量からして2本目に突入したら間違いなく脱水状態になるだろう。

でもって2本目。

時間の都合とまだまだノートラックのバーンが残ってるってことで、またしても南へ。
なんだかんだでバテバテ。
撮影はユッキ~にお任せ。

自分
d0231877_20263914.jpg

小さくてよく分からない。

日も傾き、完全に日陰になってしまい、バーンのうねりが良く分からなかった。おまけに2本目のハイクで足パンパンで、横から撮影したユッキ~のビデオを見たら、スピードは出てるけど足が棒立ちになっていた(笑)

みんなが滑り終わりボトムで時計を見たら、田代へ帰るコースが閉鎖する時間に間に合わなくなってしまっていた。

しかたないからシャトルバスで・・・・・・。
初めて乗ったシャトルバス。しかもお金を取られるとは。
セコイぞ!プリンス!
d0231877_20271633.jpg

その後はまたリゾマンに戻って、撮影したビデオの上映会。

帰りに温泉に入り、月夜野で飯を食い、おいちゃんを上毛高原駅でデポして家路についた。

3日間フルに遊んだ3連休。
ものすごく濃かった。

おいちゃん、またリゾマン頼むよ!!
[PR]
by seven__three | 2008-02-14 20:20 | ゲレンデ

白い谷の宮崎男児

3連休の2日目。
今日はユッキー、トモという強力コンビとのセッション。
最初はかぐらで滑ろうって事になってたんだけど、ホワイトバレーでスペシャルゲストが滑っているってことで急遽移動する。

タイトルで分かったかもしれないが、そう、ついにあの宮崎男児が雪山に帰ってきた!(1日だけ)
彼は友人から借りたウェアにレンタルボード、そしてレンタルブーツという姿で僕らの前に現れた。

久しぶりのセッションにテンションも上がる。
しかし2年のブランクと166cmのエッジなめなめのレンタルボードにより、今ひとつ感覚を取り戻せていない。

そこで僕のWANDを彼に与えてみる。
d0231877_20145987.jpg

すると水を得た魚のように、勢いよくゲレンデを滑る。
d0231877_2015365.jpg

1本滑っては彼が言う。
「スノーボードって楽しいね」
重みのある一言だ。

滑ってる時間以外は、ずーっとしゃべりっぱなし。
リフトに乗っても騒がしい。
d0231877_20161415.jpg

次の日の仕事もあるってことで、早めに切り上げて風呂へ。
その後は、まっちゃんに託して分かれた。

やっぱり彼と滑ると楽しい。どんなにハードなコンディションでも「楽しいね」の一言でこっちも楽しくなってしまう。

また待ってるぞ~!!
[PR]
by seven__three | 2008-02-13 20:14 | ゲレンデ

豪雪地帯のファーストトラック

2月9日~11日の3連休を前にして、行き先がまだ決まってなかった僕は、スキー場の天気予報とライブカメラでコンディションが良さそうなスキー場を探す。

で、決まったスキー場がここ。

「さかえ倶楽部スキー場」

ハッキリ言って「そのスキー場ってどこ?」って聞かれちゃうスキー場です。

場所は新潟に近い長野。すぐ近くには日本でも有数の豪雪地帯「津南」がある。
初めて来た時はもう10年位前かな?

その時は先輩と昼前にブラ~っと来たんだけど、滑っている人が10人位しかいなくて、しかも非圧雪のバーンなんかトラックが2本位しか入ってない。
「なに、このスキー場?」ってなかんじで一緒に来た先輩と滑りまくった思い出のスキー場。

最近はトンガリ板の人とかファットスキーの人なんかもいて、結構競争率が上がったかな?。
それともうひとつの競争相手は気温。
もし、朝一パウダーを滑れたとしても、標高が低く、気温が上がってくるとスグに腐ってしまう。生コンみたいにね(笑)

金曜日の夜に家を出て、近くの道の駅で就寝。
d0231877_20102081.jpg

営業開始時間に間に合うようにスキー場へと向かうが、着いてみると駐車場には10台位しか車が無い。
リフト運行10分前にリフト乗り場に行っても、だ~れもいない。

8時30になり、スタッフの次にリフトに乗る。
後ろにはテレの4人組しかいない。
d0231877_2011064.jpg

リフトを降りると、テレチームはもう一つ上のリフトへと向かっていった。
「そっちの非圧雪コースに行ったか~」
ということは・・・・・・・・。

やりました!ファーストです。
途中に迂回コースが横切っているけど、ソコソコの距離を滑れるコース。
見下ろすと水墨画のようなコントラストの風景が広がる。
d0231877_20113993.jpg

朝一は気温が低く雪も軽い。

続いて滑ってみると、さらさらの雪質だった。
もうちょい重いかと思ったけど、意外と軽かった(笑)

とりあえずギタギタになるまで滑って、後は端っこパウダーで遊ぶ。
d0231877_20121419.jpg

しばらくしたらお客さんも増え、さらに気温もグングン上がり雪はあっという間に腐っていった。

なんだかんだで、午前券が終わる1時まで遊んで終了。
でも気持ちよかったパウダーは4,5本だね。

このスキー場のメリット
1.お客が少ない
2.だからパウダー競争率も少ない
3.リフ券が安め

デメリット
1.標高が低いので雪が重くなるのが早い
2.場所が遠い(行くのがけっこう面倒くさい)
3.だからパウダーじゃなかった時のショックがデカイ
4.「ヤベー、ハズした!」って時に、近くに面白いスキー場が無い。ちょっと走って野沢かな?
5.豪雪地帯だけに降りすぎると板が走らない
6.リフトが遅い
7.いつの間にかゲレンデが子供だらけになっている


でもリフトが3本しかない小さいスキー場だけど、まったりしててけっこう好きだな~。
[PR]
by seven__three | 2008-02-12 20:09 | ゲレンデ

年末年始トリップ(その2)

1月2日、今日も白馬。
滑るメンバーは、masato、sumi、JIN、jackyと仲間たち。

ゲレンデは岩岳。ここも初めてだ。
7時30分に駐車場で集合したが、JIN、jackyと滑るのは何年ぶりだろう?ニアミスは多いけど、一緒にはまともに滑ったことが無い。

ガンガンに降っていた雪もようやく止んだ。雪が降るのはうれしいけど、降りすぎもねー。

目の前ではがんばっていた除雪車がスタック(笑)
d0231877_19591043.jpg

そして引っ張り出される。
d0231877_200993.jpg

パウダーボードを並べちゃいました。
d0231877_201542.jpg

そして今日もゲレンデ。
ローカルの二人にパウダーガイドをしてもらう。

短いけどフカフカもありーの
d0231877_2023887.jpg

さらに変な板出しーの
d0231877_2033525.jpg

滑りーの
d0231877_2042536.jpg

斜面がバンピーになるまで滑りまくった。

楽しすぎて写真撮り忘れ・・・・・

そして〆に小谷の山田温泉に行った。
d0231877_2052879.jpg

場所もそうだし建物もすごく味のある温泉でした。
またこの場所で遊ぶことを約束して、僕たちは次の場所へと向かった。

「次はどこへ行くの?」

「知らない」
[PR]
by seven__three | 2008-01-07 19:57 | ゲレンデ

年末年始トリップ(その1)

もうしばらく前から年末年始の行き先について考えていたけど、結局は無計画の放浪トリップになった(笑)
「なんか毎年同じ事をしてるなぁ」

今回は大晦日~3日まで。
初日は「かぐら・田代」
一緒に滑ったのは「masato&sumi」
d0231877_19514427.jpg

数年前までは「もういいよ!」ってくらい毎週一緒に滑っていた。今回一緒に滑るのは2シーズン振り。
しかも全員スノーボード、そしてグランドトリックに励む。
結局、逆エッジくらって撃沈・・・・・。

その後は六日町の温泉に入って、2日後に白馬で再会することを約束して分かれた。
「さて、これからどうするか?」
明後日は白馬で滑ることになっている。
雪もジャンジャン降ってるし、行けるとこまで行って適当にスキー場を選べばいいや。
なんて超適当に白馬方面へと走り出す。

自分の予想では、早々に野沢辺りでギブだったが、なんだかんだで白馬まで来てしまった。
まあこのルーズさも車中泊のメリットだね。

今日は「サンサンパーク白馬」っていうパーキングで寝る事にした。そして明日はそこから数分の白馬五竜で滑ることにして酒を飲んでいたら、友達のJINさんから電話。
「明日どこ行くの?」
「たぶん五竜」
「激混みだと思うからやめて、コルチナにすれば?」
「考えてみますわ」
なにせ白馬については知識ゼロなので、ここはローカルのアドバイスに従ってみる。

そして元旦・・・・。
昨日から雪はずーっと降っている。
車周りの雪かきから新年がスタートした。

チャチャっと準備をしてコルチナへ向かった。
d0231877_19523425.jpg

ゲレンデに着いたのは9時。
あまり期待もしてなかったので、156cmの板を履いてリフトに乗っていると、目の前はパウダー天国になっていた。
「う、・・・・・板のチョイス間違った」
だけど車まで取りに行くのは面倒なので、このまま滑ることに。
ゲレンデマップも見なかったので、コースが良く分からない。もちろんどこが一番おいしいパウダーがあるのかがね。

しかたないからトンがった板に乗ってる軍団の後をつける(笑)
営業開始から30分が経っていたが、ゲレンデには十分すぎるパウダーが残っていた。

もう夢中になって2時間くらい滑りまくった。

「コルチナ最高!!」
口を開けばこのセリフしか出ない。

ちなみに、どこにでもあるような割引チケットを使って、リフ券、昼飯、風呂代がセットになって3,800円って安いね。

結局ナイター営業になる寸前まで滑った。
「もう今日帰ってもいいんじゃない?」
そんな一言が出てしまうくらい満足した一日となった。

明日は友達数人でのセッション。
昨日と同じパーキングに戻って、酒を飲み、余韻に浸りながら眠りに付いた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく
[PR]
by seven__three | 2008-01-06 19:50 | ゲレンデ