<   2006年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

谷川岳馬蹄形縦走

ここ数年、夏・冬と山に登っているけど、縦走ってのをしたことが無い。ずーっと前から縦走をしてみたい!って思ってたけど、ついにその時が来た。
お世話になったのはもちろん「筋斗雲」

10月21日午前5時30分。土合駅集合。
d0231877_1944866.jpg

まだ夜が明けきってなく辺りは薄暗い。
駅にテントを張っている人もいたし大人数の大学生らしきグループもいた。

今回の縦走メンバーはケンイチ君を含めて5人。
全員が集合したところで東黒沢登山口へ移動する。
今回の縦走をひとしきり説明して出発
d0231877_1953519.jpg

ここからいきなり標高差1000mの急登から始まる。
まずはゆっくりと登っていくが、気が付けば汗だく状態。林の中を登っていくので展望も悪く余計に疲れる。
d0231877_1961894.jpg

登りはじめて2時間40分くらいで「松ノ木沢ノ頭」に到着・・・・・ここまでずーっと急登。さすがにイヤになった(笑)

雪渓が残る一ノ倉沢が見えた。
d0231877_19717.jpg

ここから白毛門を目指す。
途中「ジジ岩・ババ岩」の横を通るが、なんでこういう岩ができるのか不思議に思う。
d0231877_1975051.jpg

白毛門到着は10時ちょっと前。
しかし今日は高気圧に覆われて晴れる予報だったけど、登ってみればガスっていて楽しみにしていた景色が見れない(泣)もうガッカリ・・・・。

「そのうち晴れるでしょ!」と淡い期待を持ちながら次の目標の「朝日岳」を目指す。
d0231877_1983071.jpg

登ったり下ったりを繰り返して「朝日岳」到着。
d0231877_199692.jpg

なんかさっきよりガスってるんじゃないの?
標高が高くなったからかな。

後は本日の宿泊場所になる「清水峠」を目指すだけ。
d0231877_19104547.jpg

って言っても2時間以上は歩くんだけどね。
だんだん足が棒になっていく。
「晴れていればスゲー景色なんだろうなぁー」って思うけど、まーしょうがない。

みんなでワイワイ話しながら歩いていくと、ようやく清水峠にある「JR送電線監視所」が見えた。
最初分からなくて「おーあんなに立派な非難小屋なんだー」って思ってたけど、よーく見ると手前に小さーな小屋が見える。どうやらそれが今日の寝床だそうだ。
d0231877_19114589.jpg

すでに先客が来ていて小屋裏にテントを張っていた。この先客は山岳会の人たちで10人近くいた。そのうちの6人が小屋泊まりらしく、とりあえずは僕らとその6人とで小屋を共有って事になった。
d0231877_19122781.jpg

あまりにも疲れたので少し休憩して、小屋にマットとシェラフを敷いて夕ご飯の準備をする。

時計を見ると3時30分・・・・・おいおいまだ夕ご飯の時間じゃ無いでしょ~(笑)
だけど山の時間はちょっと違う。明日の朝に早く起きる為に早く寝なくてはならない。いつまでも夜遅くにワイワイやってると周りのパーティーにも迷惑がかかるからね。

夕食の準備をしていると1組の夫婦が小屋に到着した。次にソロの人が・・・・・。
小さな小屋はいつの間にか15人くらいになっていた。「こんなに入るんかなー」

今日の夕食は「カレー」。それとソーセージを焼いて食べた。
ちなみにこのソーセージ、けっこうぶっといんだけど、ケンイチ君はこれを3本僕の食料の袋の中に忍ばせていた。僕は知らずに朝からぶっといソーセージを背負っていた訳だ(笑)

夕食を食べ終わってコーヒーを飲んで寝る準備をした。ちなみにまだ夕方の6時。いくらなんでもそんなに早くは寝られない。でも山岳会の人たちも寝る準備をしていたので、ヘッドランプを消して寝てみる。
しかし寝られない・・・・・。
寝れそうになると誰かがゴソゴソと音を立てる。
「やっぱどんなに過酷な状況でも寝れる人間にならないとなぁー」
そんな事を思っているうちにいつの間にか寝てた(笑)

夜中に目が覚める。それは荒れ狂う風の音で目が覚めた。小屋の中でも分かるほどの強風で、時折小屋が揺れるくらいの突風が吹く。
時計を見るとまだ夜中の12時だ。
「これ朝まで続いたら明日は即下山になっちゃうんじゃないの?」
そんな事を思ってたらまた寝てた。

みんなが起き出したのが4時。
朝食の準備をする。メニューは筋斗雲一押しの「ほうとう」
d0231877_19131348.jpg

外に出てみるとやはりガスっていたが、風は弱くなっていた。新潟側の幻想的な景色を見ながらハミガキをする。
d0231877_1914755.jpg

荷物をまとめて出発。
d0231877_19145112.jpg

今日は清水峠~七ツ小屋山~蓬峠~武能岳~茂倉岳~一ノ倉岳~谷川岳~天神平といったロングコース。行程時間はおよそ8時間。
長い、非常に長いね、考えただけでも。
景色が良ければまだいいのだけど、ガスっちゃってるとちょっとうんざりする時もある。

2時間かけて蓬ヒュッテに到着した時はガスも濃くなり風も強くなってきた。ケンイチ君が携帯で天気を調べると、これから悪くなっていきそうな気配だと。
ちなみに昨日一緒に泊まった山岳会のパーティーは「展望も良くないし、このガスと風じゃーねー」と言いながら下山し始めていた。

どうするか?ここから先はエスケープルートが無くなる。
みんなで話し合った結果、下山という事になった。
ちょっとくやしいけど、こればっかりはしょうがない。
僕らは蓬峠から旧国道を下りていくことにした。
d0231877_1915353.jpg

この旧国道っていうのは「国道291号線」の事。
「国道って言うくらいだから整備された道なんでしょ」って思うでしょ?ところがドッコイ!
d0231877_19162036.jpg

こんなところもあったり・・・・。
d0231877_1917641.jpg

一回沢に降りてまた登るみたいなのもあったり・・・・。

しばらく歩いて景色を見ていると、遥か遠くに昨日寝床にした非難小屋が見えた。
「あんな遠いところから歩いてきたんだ」
d0231877_19175341.jpg

標高が下がっていくと秋の紅葉真っ盛り状態で、歩いていても気持ちが良い。
d0231877_19183735.jpg

d0231877_1919559.jpg

しばらく歩き続けたので休憩をする。
d0231877_19203622.jpg

一ノ倉沢出合に着くと紅葉を楽しむ観光客でいっぱいだった。
d0231877_19213710.jpg

ちょっと残念な結果になったけど、初めての縦走は楽しかったですよ。
もう少し経てば雪も降り、冬がやって来る。
また来年になったら縦走リベンジだね。

しかし山の天気は難しい・・・・・・。
[PR]
by seven__three | 2006-10-24 18:58 | 山登り