<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パワースポットで〆

冬道具を片付けようか?どうしようか?
散々考えたけど、あと1回滑ってから終わらそうと。

でもって最後は「富士山」に決定!日本一のパワースポットだ。今ブームだからね(笑)
しかも今回はソロ。

ずーっと天気をチェックしてたが、良さそうなのは金曜日だけ。
木曜の夜に家を出て、22時頃に富士宮登山口五合目に着いたが、完全にガスってるし、自分一人しかいないしで怖い(笑)

朝6時に出発!
d0231877_19381146.jpg

いい天気だ。やっぱ自分、生粋の晴れ男なんかな?

新7合目のチョイ下まで雪が無いので、そこまでは普通に登る。
新7合目からアイゼンを履いて8合目を目指す。
d0231877_19395633.jpg

やっぱ酸素薄いな・・・・・・。

8合目に8時20分に到着。ここでガッツリ休憩。

次は9合目。
d0231877_19403150.jpg

やっぱ8合目から先はしんどい・・・・・・。
ちょっとユルいがグフィーの壁があるから、あそこに当てて帰ろう。
d0231877_1941356.jpg

山頂の鳥居が見えてきた。ガンバレ、俺!
d0231877_19413330.jpg

でもって山頂に到着!時間は10時40分。がんばったねー。
鳥居もガッチガチだ。
d0231877_1942125.jpg

しかし山頂は風がハンパなく強い!
9合5勺ですれ違った山ヤさんに「山頂は風が強いから剣が峰行くなら気をつけたほうがいいですよ」と言われたが、確かに強い。本日この山ヤさんの次の登頂だ。

それでも「せっかくだから剣が峰には行っとかないとでしょー」と剣が峰に向かってみる。
d0231877_19423529.jpg


しかしやっぱり風が強いので、荷物をデポして再度トライ。

が、剣が峰に近づくほど風が強く、たまに爆風のような風が来るのでヤメにした。
しかたないので誰もいないお鉢でウロウロしてパワーを吸収してドロップすることに。

今回は鳥居の下からドロップ。
d0231877_19433247.jpg

ここ最近の雨がここでは雪っぽかったらしく、滑り出しはうっすらパウダー。
しかしそれも束の間、風で叩かれた硬いバーンに早変わり。

「あ、そうだ!壁壁」と登りで見ておいたグーフィーの壁にとりあえず当てに行ってみる。
「ガリガリガリガリガリガリ~」とかなりパンチの効いた壁だ。
すると登ってきているスノーボーダー2人が「イエーイ!」って言ってくれた(笑)
休憩がてらにその2人に近づくと
「いい音立ててましたね~」と一言(笑)
その2人と少し話してまた滑ることに。

でもそこから先は超快適ザラメになっていた。
「イヤッホー」と快適に8合目まで滑って、隣のコースへ歩いて移動。
d0231877_1944648.jpg

7合目の辺りまで走る雪だったが、そこから先は超ブレーキ雪(泣)
ブレーキ効きすぎてターンができないくらいだ(笑)

新7合目まで滑って終了。
あとはまた歩いて5合目まで帰るだけ。

5合目に近づくと、観光客がウロウロしてて板を背負ってる自分が大注目になる(笑)
でも平日だったから観光客も少なかった。


これで今シーズンを終了しました。気持ちよく終了できたかな?

しかし今シーズンはよく滑りました。WARPのテールとしてツアーに参加したのもあるけどね。
なんだかんだでパウダーも結構滑れたし、満足のシーズンになりました。
また来シーズンもよろしくです!!
[PR]
by seven__three | 2010-05-30 19:37 | 雪山

ちょと中身が濃すぎた日

10日も前の話。
GWの立山ツアーが終わって「ゆっくりしようかな?」と思ってたところにシンから「N岳行かない?」との誘い。
特に断る理由が無いので行くことに。

朝、駐車場に着き、今日のメンバーと合流。全部で7人。

テクテクテクテクとなんだかんだでドロップポイントに到着。
ここでN氏「ようこそ、足殺しの沢へ!」
「なに?足殺しって?」

その答えは滑って分かった。
沢の地形はレギュラー・グフィー共に気持ちよく当て込める地形。雪もいい!
そして距離がハンパない!
普通に滑っても3分近くかかる距離。こんな長い沢は初めてだ。
あと50mも滑ったら間違いなく足がツッてたね(笑)
d0231877_19283470.jpg

みんなニヤニヤしながら滑走者を迎える(笑)
でもって登り返し。
これがまたハード。けっこうな斜度でけっこうな距離、そして休憩ポイントが無い・・・・・・・。
立ち止まって休むときもバランス崩しそうでザックを下ろしたくない。
もう滑落したらただじゃすまない(汗)

山頂付近まで登ってようやくゆっくりできた。
d0231877_19295712.jpg

ちなみにここで終わっても充分満足なのだが、まだ終わりではない。

もう一つ隣の沢へ。
ここもなかなかの距離がある。
d0231877_19303942.jpg

板もバッチリ走るし最高でした。

でもって次の登り返し。
d0231877_19311410.jpg

もうほとんどロッククライミング。
ちなみにここで終わっても超満足なのだが、まだ終わりではない。

さらにちょっと横移動して次の沢へ。完全なる沢地獄・・・・・・・ん、天国?(笑)

そして最後は駐車場まで。
今日どのくらい滑ったろう?雪山での1日の滑走距離では今日が№1かも?
シーズン最後になるか分からないけど、超満足な1日になった。

Nさん・Tさん、他のみなさん、最高な1日をありがとでした。
また遊びましょう!!



しかし濃かったなぁ・・・・・・・・・・。
[PR]
by seven__three | 2010-05-19 19:27 | 雪山

GW立山 最終日

とうとう最終日。
昨日はけっこうマッタリしたので今日は元気・・・・・・なハズ。

今日の行程は一ノ越→雄山→サル又のカール→タンボ平
今日もなかなかのハードです。

天気はドンヨリ。
d0231877_19123873.jpg

キャットロードを歩いて一ノ越に向かいます。
d0231877_19134731.jpg

ちょっと幻想的な感じ。
d0231877_19141846.jpg

なんか体が重いなぁと思ったら、今日は下山するからバックパックがパンパンだったんだ。

そんなこんなで一ノ越に到着。
この斜面を登って雄山の頂上を目指すのです。
d0231877_1914566.jpg

ま、その前にガッスガスなので一ノ越山荘で一休みしますか?

と、山荘で一休み。
d0231877_19152937.jpg

ちなみにシンは元気なおばちゃんにずーーっと話しかけられてて、ちょっと迷惑顔(笑)

しばらくウダウダしてたけど、山頂目指して出発。特にガスが晴れた訳ではないが・・・・・・。
ちょっと登って下を見ると「ひゃー」となる感じ。
d0231877_1916065.jpg

しだいに風も強くなってきた。
しかしここの登りはハード。正直言ってアイゼンが必要なくらい。
だけどガスってて下の景色が見れなかったから逆に怖がらずに登れたかな(笑)
d0231877_19164032.jpg

いい加減に晴れろっつーの!!
d0231877_19171313.jpg

しかしガッスガスのまま山頂に到着。
d0231877_19175271.jpg

じゃー、ガスのカールの中に突っ込みますか!
d0231877_19192088.jpg

100mほど高度を落とすとガスも抜けて視界もバッチシ!
d0231877_19195845.jpg

メチャメチャでかいぞ!この沢は!!
滑っても滑ってもみんなが待つところにたどり着かない。
下のほうはブレーキ雪だったけど最高で~す!
d0231877_1921731.jpg

まだまだ先は長そうだが、タンボに戻るために途中からトラバース。
トラバースもけっこうアドベンチャーだ。
d0231877_19215093.jpg

そしてタンボ平に向かって滑り込み、僕らの滑りは終了。
d0231877_19223218.jpg

で、またしてもダムで記念写真。
d0231877_19225893.jpg

そしてまたしても恒例のソフトクリーム。
d0231877_19233253.jpg

クールファイブ?

今回のツアーはWARPのツアーの中でもベストなツアーになりました。
いつもとはちがった斜面を滑ることもできましたし。
大満足でした!!
[PR]
by seven__three | 2010-05-16 19:12 | 雪山

GW立山 3日目

僕らが宿泊している雷鳥荘の奥にある山荘で、おいしいトンカツを食べさせてくれるという噂がいつからか流れていた。

僕たちは、そのおいしいトンカツを食べる為に、2日目の行程をがんばったのだ。

そして3日目の朝。
完全にダラダラモード全開です。
そう、今日は軽めのツアーということで。

スタートは9時過ぎ。
d0231877_195293.jpg

みんな背中が疲れてる?(笑)

今日目指すのは奥大日の手前のピーク。
d0231877_1955065.jpg

しかし近づくにつれて「雪庇が意外とデカいんじゃね?」ということになりヤメ。
雪質もちょっとどーかなー?って感じだったし。

で、適当な斜面をチョイスして滑るが、自分が滑ったバーンは完全なブレーキ雪で何も楽しくない。

そんなこんなでお昼近くなったことだし、今日の目的のトンカツを食べに行きますか?!

ちなみに雷鳥荘の奥には「雷鳥沢ヒュッテ」と「ロッジ立山連峰」がある。
そして前日にシンが「雷鳥沢ヒュッテ」に電話してトンカツは無いことを確認済み。

とうことは目的の場所は「ロッジ立山連峰」ということになる。

ワクワクしながら「ロッジ立山連峰」に行き食堂のメニューを見るが、トンカツの「ト」の字も無い。
「トンカツって無いんですか?」
「ありません」


誰ですか?おいしいトンカツの噂を流したのは・・・・・・・
ガッカリです。いや、決して雷鳥荘のご飯に不満があるわけではありません。
ただ僕らはトンカツを食べたかっただけ。





しかたない、とりあえずビール飲んじゃおう!
ついでだからラーメンも食べよう。
d0231877_1963991.jpg

天気が良くポカポカしてたので、しばらくマッタリタイム。

その後は雷鳥荘に戻ってなぜかジェンガ大会。
いつしかみんな真剣になり、後ろで見ていたマダムも手に汗握る勝負になった。
今日はこれが一番疲れた?(笑)

そんな3日目でした。
[PR]
by seven__three | 2010-05-12 19:04 | 雪山

GW立山 2日目

2日目。今日も朝から快晴!
d0231877_18555053.jpg

「明日はタフなツアーになるんで」ということで今日は早起き。

長い1日になりそうだなー。
d0231877_18564440.jpg

まずは剣御前小屋を目指して
d0231877_18572539.jpg

相変わらずここのルートは人が多い。
剣御前小屋に着いて一休み。
ここまで上がると剣が見えます。
去年は映画の影響でメチャ混みしたらしい。今年の夏にでも登ってみようかな?

休憩も早々に今度は別山を目指します。
d0231877_18585100.jpg

d0231877_18583162.jpg

剣がドカーンと鎮座。威圧感あるねー。

別山に到着。
今日はここから真砂沢に滑り込む予定。
上からだとノールになっていて滑る斜面が見えない。しかもなかなかの斜度。さらに雪質も行ってみないと分からない状況。

いったん作戦会議
d0231877_1859296.jpg

「じゃ、予定通り行きますか!」ってことでシンが滑る。
ボトムに着いたら無線をあげると言い残して行ったが、なかなか無線があがってこない。

しばらくすると息遣いの荒い声で「最高でーす」と無線が入る。

でもって自分が滑る。
ノールまでトラバースして斜面に出てみると、遥ーーーーか先にシンが小さく見える。
斜面はデカく、斜度もあってテンションが一気に上がる。
さすがにボトムは重雪だったが最高の1本だった。
d0231877_18593560.jpg

この先もまだまだ長そうだが、今回はここでストップ。
次回は行ってみたいねー。登り返しで死にそうだけど(笑)
d0231877_1901199.jpg

興奮も冷めやらぬまま登り返しです。
d0231877_1905889.jpg

今度は前回滑った沢を滑って戻ります。
しかし今回は雪も緩んでいて前回よりはセーフティー(笑)
d0231877_191319.jpg

d0231877_1915171.jpg

今日はドMのツアーになると思いきや、真砂岳への登り返しが意外と楽だったので良かった~(笑)
でも間違いなくみんなヘトヘトになりました。

明日は休息日かな?
[PR]
by seven__three | 2010-05-12 18:55 | 雪山

GW立山 1日目

やってきましたGW。
そしてまた戻ってきました立山に。

今回もWARPのツアー。そして今回もメンズ天国!

朝イチのバスに乗って、なんだかんだで8時30過ぎにはターミナルに到着。
d0231877_18481663.jpg

ターミナルに全然人がいない・・・・・・・・。なんで?

先日までの降雪で今日はパウダーの予感がプンプンです。
話によると吹き溜まりで70cmあるそうな。

まずは毎度おなじみの雷鳥荘へ。
d0231877_1849360.jpg

で、いらない荷物をデポしてお決まりの「大走り」へ(笑)
もう完全に定番化してます。どんなコンディションだろうがとにかくここを滑る!

超快晴スタートです。
d0231877_1849306.jpg

しかし登りはじめるとあっという間にガスに包まれる。
d0231877_1850176.jpg

なんか前回と同じ雰囲気が。

ドロップポイントに着いたが、完全にホワイトアウト・・・・・・・・。
どうすっか?

「いや、トコトン待ちますんで」精神でガス待ちナント2時間!!
ま、その間ココには書けない下ネタ炸裂であっという間に時間は過ぎましたが・・・・・・・・。

パッっと晴れたスキを狙って順番にドロップイン!
d0231877_1850354.jpg

完全なパウダーもありの、風で叩かれたバーンありの。
もっと攻め攻めで行きたかったけれど、ガス待ちしすぎて体がカチンカチンになってました(汗)

時間もあったので隣の沢をちょいハイクしておかわり。

今回もいいスタートを切りました。
d0231877_18513765.jpg
[PR]
by seven__three | 2010-05-10 18:47 | 雪山