<   2014年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アルプスってなんですか?

日本には「北アルプス」「中央アルプス」「南アルプス」と山脈がありますが、
なんと地元埼玉にもアルプスがありました。

その名も「長瀞アルプス」


ヨメさんから「トレッキングに行きたい!」との熱い要望に、どこか近場でないかなぁ?って
探してたところに目に飛び込んできた「長瀞アルプス」
これはもう行くしかないということで決定!

スタートは秩父鉄道の「野上駅」
駅前に駐車場があるが、わずか5台しか停められない。ちなみに駐車料金は1日300円。
お金は駅員さんに払うというシステム。
d0231877_23103645.jpg

コース的には野上駅から何だか分からない低山を渡り歩いて宝登山を経由して
最後は長瀞駅に着くといった感じ。
d0231877_23132799.jpg

先週電車を使ったプチ縦走をしたが、それより超プチな電車を使った縦走かな?

最初は道路をテクテクと
d0231877_2315969.jpg

しばらくすると登山口
d0231877_23154366.jpg

登山口からしばらくはこんな感じ
d0231877_2317966.jpg

前を歩いていたオジサンがいきなり座り込んで写真を撮り、自分らに向かって
何か叫んでたので「何言ってんだろ?」と近づくと
d0231877_23183621.jpg

デッカいヒキガエルがいたのでした。

その後は稜線をテクテクと
d0231877_23204363.jpg


しばらく歩くと道票が
d0231877_23211432.jpg

なかなかパンチの効いた飾り付けがしてありました。
d0231877_2322459.jpg

一回道路に出てさらに登り
「毒キノコ注意」の看板があるところからまた山に入ります。
d0231877_23225379.jpg


あ、そうそう、言い忘れましたが背負った娘は
d0231877_232337100.jpg

いつも通りです(笑)

さて、ここからが今回の最大の難所
ひたすら階段を登ります。
d0231877_23253184.jpg

d0231877_23254947.jpg

d0231877_2326746.jpg

といっても200段くらいですが

階段を登れば宝登山の山頂になります。
d0231877_2327224.jpg

山頂は少し賑わってました。
d0231877_23275779.jpg

ちなみに宝登山はロープウェイで登れるので楽チンです。
自分も小学校の遠足で来たことがあります。

山頂からは武甲山が見えます。
d0231877_23313064.jpg

d0231877_23314822.jpg


ここでお腹も減ったので、ロープウェイ山頂駅前の広場で昼食です。

今日は時間の制限も無いのでマッタリです。
マッタリなのでシャボン玉で遊んじゃいます。
d0231877_23344367.jpg

知らない子も参加です。
d0231877_2335799.jpg


帰りはロープウェイに乗らず、下山道を帰ります。
d0231877_23354886.jpg

秩父の街並みが見えます。
d0231877_23362377.jpg


なんだかんだで長瀞駅到着
ここから電車で野上駅に戻るのですが、自分らが乗ろうと思った電車の次の電車がなんとSL
「どうしよう、SL乗っちゃう?」と家族会議をしましたが、わずか一駅でSLに乗るのはもったいない
ということで、野上駅でSL見ましょ?ってことで普通の電車へ

野上駅に着き、数分もしないうちに来ました、SLが!
d0231877_2341518.jpg

撮鉄ではありませんが、ちょっとテンション上がっちゃいました。
d0231877_23415620.jpg

今度乗ってみたいですね。

でもって今回のトレッキング終了。
d0231877_23443014.jpg


日本アルプスに登るのも魅力的ですが、たまにはこんなユル~いアルプスもいいですね。

そもそもこのコース名、なんで「長瀞アルプス」なの?
[PR]
by seven__three | 2014-10-08 23:50 | 山登り

電車でGO!(土合~谷川岳~土樽)

ちょっと前から計画してたプチ縦走。企画者はいつもおなじみのkei君。

スタートは群馬県の上越線「土合駅」
ここから谷川岳→一ノ倉岳→茂倉岳→土樽駅といったコースでの山行である。
冬にツアーでやってるところもあります。

土合駅に車を停め、そこからロープウェイ乗り場まで歩きます。
山頂駅を降りてスタートしたのが8時30分。
完全にガスっちゃってます。
d0231877_2228432.jpg


紅葉の谷川とあって人はそこそこ多かったのですが、ペース遅い人で道を譲らない人が多い!
中には登山道の真ん中で止まっては写真を撮って、止まっては写真を撮ってみたいな。
「端っこによけろ」っつーの!
ま、景色や会話に夢中になってると思うのですが・・・・・・・・。
鎖場の前は渋滞です。
d0231877_22344568.jpg

ま、それも谷川岳を過ぎるまででしょ?ってことでガマンしましょ。

「しかしこのガスいつ抜けるかねー?」なんて話しながら登ってたら
肩の小屋前で「パキーーーーーーン」ときました。
d0231877_22372784.jpg

「ぬぉーーーー!きたきたーーーーーっ!!」

トマの耳前でガツンと晴れて、二人ともテンション上がっちゃいました。
頂上は人だかりMAXなので写真だけ撮って先へ。

振り向くと
d0231877_22415922.jpg


人がいっぱい
d0231877_22422472.jpg


いい感じで色付いてます。
d0231877_22383558.jpg


オキの耳はもっと混雑していたので、ちょこっと写真撮って先へ。

d0231877_2256375.jpg

空の青も紅葉の赤も鮮やか

一の倉沢を覗いてみる。
d0231877_22582751.jpg

下っ腹がギューっとなるような高度感。
「ここ登ってくる人がいるんだよねー」なんて見てたら
d0231877_2259621.jpg

登ってる人がいました。

ノゾキから見た一ノ倉沢
d0231877_2304388.jpg

まだ雪渓が残ってます。

振り向くと
d0231877_2321071.jpg

やっぱカッコイイね。

これから一ノ倉岳を目指します。
d0231877_233144.jpg

今日の行程で一番の登りかな?

一ノ倉岳到着。
予想通り人がいません。
d0231877_2383257.jpg

避難小屋があるのですが、二人入ればいっぱいくらいの大きさ。
ちょっとここは避けたい。
d0231877_23104637.jpg

しかし今日は最高だ。天気よし、景色よし、紅葉もいい感じ。
d0231877_2311947.jpg

ほんと一泊してもいいなぁー。
ビールでも飲みながらまったりと景色を眺めていたいくらいだ。

でも今日はあんまりゆっくりしていられない。
実は帰りの電車の時間が決まっていて、目標は15時21分。
それを逃すと3時間待たなくてはならない。
先を急ぎましょう!
d0231877_2314477.jpg

途中で芝倉沢に落ちる斜面があるんだけど
d0231877_2320312.jpg

数年前に滑った沢
あの時は最初の数十メートルだけ気持ちよくて、あとは下までブレーキ雪という試練を味わったのだ。
ま、緊張感は半端なかったですが・・・・・・・・。

茂倉岳避難小屋の前でガッツリ休憩。
d0231877_2326543.jpg

この小屋、覗いてみたけどキレイでした。
しかも張り紙に「Facebookはじめました」って書いてあった。
誰がやってるの?

ここからはほぼ下りです。
d0231877_2328572.jpg

関越道が見えてます。
あの辺りがゴールです。

この下りはちっとも楽しくないので割愛です。
距離があったのでけっこうしんどかったッスね。

登山口まで降りると、関越道の土樽PAの脇を通って
d0231877_23315183.jpg

ちょっと清水トンネルを覗いて
d0231877_23322395.jpg

駅に着きました。
d0231877_2333155.jpg

目標の30分前に着いたのでまったり休みます。
d0231877_23352227.jpg

しばらくすると電車が来ました。
d0231877_2336761.jpg

BOXシートに座り窓の外を見るが、土合駅までほとんどトンネルなので
何も楽しくありません。

10分ほど電車に揺られて土合駅到着。
d0231877_2337638.jpg

これにて今回のプチ縦走は終了。

今回のような電車で帰れるお手軽縦走。なかなか良かったです。
天気も良かったので、稜線歩きは最高でした。
[PR]
by seven__three | 2014-10-01 00:12 | 山登り