オグちゃん祭り・・・・その2

ここ最近になって、だんだんと手首の調子も良くなってきた。幸いなことにレストしている間はガツンときた降雪は無かったのでストレスも感じることなく過ごしていた。
しかし最近になり雪も降り出し、チャンスとばかりに平日にもかかわらず会社を休み、パウダー喰いまくりのサボリーマン達の日記を見ていてガマンの限界。週末にパウダーの期待が持てそうなので出撃!

色々な場所のライブカメラを出発するギリギリまで見ていたが、どうやら三国より先は猛吹雪っぽい。それが翌日まで続くとリフトが動かない可能性がある。しばらく考えたが沼田エリアに行くことにした。

沼田エリアといえばオグナでしょ。ということで、前回一緒にセッションした「K君」に一応メッセージを入れておいて夜9時に家を出た。

駐車場に着くと軽く吹雪いている感じ。翌日に期待をして就寝。

朝起きると隣の車にガッツリと雪が積もっているのが見えた。これで一気にテンションアップ。
早速支度をして外へ出てみると、ここではあまり見ないような景色になっていた。
d0231877_19205899.jpg

レストハウスで準備をしてると「あー間に合った!」とK君が現れた。
でもって営業開始前からリフトに並ぶ。
今回は第3クワッドの営業開始が早かった。
d0231877_19213932.jpg

まだ軽く吹雪いている状態。

まずはお決まりのトレーニングコース。
深くターンをすると所々軽く底着きする。積雪量は十分なのに底着きするくらい軽い雪質だった。
でも底着きしたのは最初のラインだけで、あとは全然だった。

「今日もヤバイねー」
それからはトラックの少ないところを選んでひたすら回す。
K君はノートラックをいただいてるし。
前回の時より雪質は良かった。ただ寒い!
回復傾向と言ってた天気は一向に回復せず、リフトに乗っている時は体の芯まで冷やされた。

結局午前券が終わる13時まで滑って終了。寒さにヤラれて1回休憩を挟んだけど、今回も滑りきった!満足!!

リフ券買うときに「今日は営業開始が遅れそうです」なんて言われたから自分は1日券を買ったのだが、別に遅れることも無く、午前券で十分だった。

それとオグナをこよなく愛する僕達は「オグナほたか友の会」に入会(笑)
これ、ここによく来る僕らにとっては超お得。

ちなみに滑ってるときは寒すぎて写真を一枚も撮ってません、あしからず。
[PR]
# by seven__three | 2009-02-23 19:18 | ゲレンデ

手首・・・・その後

先日ブログにて「手首の調子が悪い」って書いたけど、その後のお話。

MRIを撮って、地元の整形外科に行って写真を見てもらっても、いかんせんその先生は手首の専門じゃないから言ってることが良くわからない・・・・・。
二人で写真を見ながら「ここがあーで、ここがこーなってたらヤバイ」とかそんな程度(笑)
ただカルテを覗いたら「TFCC損傷」と書いてあった。
これ意外とヤバくて、症状が悪いと手術になってしまうらしい。ただ、ネットで調べると手術する人の症状はもっとヒドくて、今の自分に比べたら自分は軽度だと思った。
「3月に専門の先生が来るからその時に詳しく見てもらって」って、なんで2ヶ月も待たされんの?
その日はとりあえず家へ帰ったが、MRI撮って2ヶ月も待ってるのは意味が無いんで、数日後に再度整形へ。
「あのー、その専門の先生の所に行っちゃっていいッスか?」
「行く気があるならね」
「なんで?」
「遠いから」
「どこですか?」
「栃木」

一瞬ためらったけど、自分の状況を早く知りたいんで、紹介状を書いてもらった。

でもって数日後、その病院へ行ってみる。
この際だから色々と質問。

結果、やはり自分の状態は軽度らしく、もう少し様子を見るってことに。
最初の原因と思われるのは恐らく10月終わりのバイクの転倒。
その後クライミングをやってたらおかしい事に気づく。
それでも捻挫だと思ってスノーボードではしゃぎまくった年末年始。
でもってようやくヤバいと思っておとなしくなったのが1月上旬。
それでも手首にガッチリとサポーター付けてスノーボードはしてた・・・・・・たまに。
ただ一回も手を着かないという自分なりの厳しい条件付で(笑)

そんなこんなでおとなしくし始めて一ヶ月。
おかげさまで手首の調子は良くなってきました。
でもそろそろガマンの限界。
滑りたくてしょーがありません(笑)

ケガには気をつけないとだね。
[PR]
# by seven__three | 2009-02-09 19:17 |

母さん、今度は手首です。

最近手首の調子が悪い・・・・・。

記憶をたどってみる。

飛び出したネコを避けようとしてバイクでコケたのは10月の終わり。
その時コケたと同時に、地球に思いっきり掌底をかましたのがいけなかったのか?

いや、手首に違和感があったのはそれ以前にやっていたクライミングなんじゃないの?
なんて自問自答。

ちなみに僕は痛みに対してナーバス体質(笑)
早速近くの整形外科へ行ってみた。

「う~ん、手首の捻挫だね」との診断。

いや、違うな。
靭帯か軟骨が若干やられてるのでは?
家に帰ってネットで調べる。すると「TFCC損傷」っつーのが気になった。
しかもこれクライマーに多し!!

次の診察の時に「MRI撮って~」と頼み紹介状を書いてもらう。
その病院は上尾だった。
d0231877_1915245.jpg

「そういえばルーマーが最近までいたなー」なんて思いながらMRIコーナーに突進。
d0231877_19154070.jpg

紹介状を差し出しまた異音との戦いが始まる。

ドゥクドゥクドゥクドゥク・・・・・・・・ブーーーーーーーーーーーーーーーーーン
相変わらず不快な音だ。

約30分で終わり、写真を受け取って地元の整形へ。
写真を見て「うーーーーーん、ここがちょっと損傷してるかもね?」だって。

「とりあえずは1ヶ月様子を見ましょう!」で終了~。
もし損傷だとしたらヤバイなぁ。

しかたない・・・・・・あいつに頼むか。

僕の膝を治してくれた「コンドロイチン」もう結構前の話だけど。

あとは衝撃を与えないようにスノーボードをするだけだ(笑)
[PR]
# by seven__three | 2009-01-20 19:12 |

オグちゃん祭り

今シーズン始まって、運が良い事にパウダーばかりを滑っている。
今回ももちろんパウダーを狙いに。

自分のモットーは「楽してパウダー」
山に登ればいくらでもあるけど、やっぱりリフトで回せれば最高だよね。

そんな意気込みで、今回のゲレンデは「オグナほたか」
前日に降っていてリセットされていればいいんだけど。

土曜日の夜に駐車場に到着。外は完全に吹雪いている。うんうん、いいぞ。
朝、若干吹雪いているが薄日が差して明るい。
「もー、朝イチ狙っちゃうよー!」と気合十分でリフトが動くのを待つが、一向に動く気配が無い。っていうかシャッターすらチョイ開きな感じ。
d0231877_1973682.jpg

でもこれはいつもの事。
隣のリフトは営業開始とともに動くのだが、第3リフトはいつもこんな感じ。
30分遅れでようやくリフトが動き出した。
d0231877_1982919.jpg

2番目。

上から覗き込んだトレーニングコース。完全に面ツル。
d0231877_1992018.jpg

リフトを降りてトレーニングに猛ダッシュ。
「ヤッホー」と突っ込むと予想以上のバッフバフ。
ヤッタ・・・・・・・このゲレンデをチョイスした自分に感謝!

それからは死ぬ気でリフトをひたすら回す。
でも今日は3連休の中日。お客さんが続々と増えていく。

2時間くらい経って「あと1本滑ったら休憩しよ」とリフトに乗る。
次どこ滑ろうか考えてると「面白そうな板乗ってますねー」と隣の人に話しかけられた。
その人はVector glideのMARKⅢに乗っていた。
完全に自分と同じ人種だと思った。しかも地元も同じ埼玉人。すっかり意気投合してセッション開始。

彼の滑りはスマートで上手いと思った。

結局、営業開始から午前券が終わる13時まで、1回も休憩しないで滑りきった。超満足!
ゲレンデはギタギタ。
d0231877_19102525.jpg

その後、Vector君と別れて温泉へ。
ほたかに来たら当然「ささの湯」
d0231877_19111780.jpg

相変わらずここの露天はヌルイぜ!
でもそんなヌルさが好き。はっきり言って体が温まらない(笑)

いやー、今日はいい日だった。
[PR]
# by seven__three | 2009-01-13 19:06 | ゲレンデ

久しぶりの山登り

久しぶりに夏山登山に行ってきた。
パートナーはkei君。
「最後に夏山登ったのはいつだろう?」と自分のブログをたどってみたら、去年の10月の男体山だった。
約1年ぶりの夏山ということだ。

朝5時に待ち合わせて出発。
土曜日なのに空いている関越道を走り、なんだかんだで8時前には登山口駐車場に到着。

今回の山は新潟の「浅草岳」
去年すぐ近くの「守門岳」に登っている。この2つの山は冬の山スキーでも知られている。

さっさと支度をして8時過ぎに出発。
今回は「ネズモチ平」から登って「桜曽根」の方から降りてくるといったコース。

駐車場はガ~ラガラ。
d0231877_18462149.jpg

今日のパートナー、kei君。
d0231877_1847539.jpg

kei君とは数ヶ月会っていなかったもんだから、行きの車からずっとしゃべりっぱなし。
でもって、しゃべりながら歩いてたら早速コースを間違える(笑)

最近の降ったり止んだりの雨で登山道は歩きにくかった。
なおかつスタートからしばらくは急勾配で一気に標高を稼ぐような感じ。
d0231877_18474597.jpg

必要以上に汗っかきの僕はもうあっという間にビショビショ。
サンバイザーのつばからもポタポタ汗が落ちてくる。

1時間ちょっと経ったところで休憩にする。
下を見下ろすと緑色の海が広がっているような景色だった。
d0231877_18482341.jpg

またしてもしばらく話し込んでたら、なんだかんだで40分も経っていた。

「さて行きますか」ってことで歩き始める。
そういえば今日は午後から天気が崩れる予報だった。
あんまりマッタリしてると下山の頃には雨に降られてしまうだろう。

山頂付近は少しガスっていて、期待してた眺望もあんまりな感じ。
d0231877_18492829.jpg

ちょっとした斜面やボウル状の地形を見ると「あそこ滑ったら面白そうだね~」って毎度のごとく冬の話になる(笑)
d0231877_185067.jpg

休憩したところから30分位で山頂に到着。
山頂には先客が2人。空いてるねぇ。
d0231877_18504357.jpg

時間はまだ早かったけど昼食にする。
山頂に来た人達と話をしながらマッタリする。

「じゃー降りようか?」とバックパックを背負って歩き出すとポツポツと雨が降ってきた。
d0231877_18512268.jpg

途中、片方しか枝がない立派なブナの木があった。
なんでかな?豪雪のせい?
d0231877_1852011.jpg

雨がひどくなりそうなので、さっさと下山。
駐車場に着いたら土砂降りになった。

もう汗ダックダクで気持ち悪いので風呂に向かう。
車ですぐの「ニュー浅草岳温泉」
これが自分好みのぬるめの温泉で、気持ち良すぎて浸かりながらウトウトしてしまった。

そのウトウトは帰りの車でもしばらく継続されてしまいました・・・・。
kei君、運転ありがとう!!

その後はこれも定番ルーティーンの埼玉の深谷にあるボードショップ「Relax」に寄り物欲と戦い、東松山のラーメン屋でおいしいラーメンを食べて終了。

約1年ぶりの夏山登山は気持ちがリフレッシュされた感じがしました。それに特に筋肉痛も無く、膝も痛くならなかったしで良かった良かった。

また今月中にでも登りに行こうと企み中!
[PR]
# by seven__three | 2008-09-07 18:45 | 山登り