念願の

もう数週間も前の事。
友人のルーマーから「苗場山やりません?」と誘われてた。
だけどその時は天気も悪く、あえなく断念。

この苗場山、かぐらの中尾根からいつも見ていた山。
でもっていつかは滑りたいと思ってた山。
ルーマーともず~っと前から話していた。

先週の土曜日、またしてもルーマーから電話。
「苗場山やりません?」
「あと誰がいるの?」
「八海山」
「マジで!?なに、その組み合わせは?」
「二人っきりはあれなんでどうですか?」

このルーマーの熱い誘いを断るわけにはいかない(笑)
もう今シーズンは使わないと思っていたWANDをまた車に積んでかぐらへと向かった。

朝、駐車場で合流して出発。
今回はロングルートなのでなるべく楽しようってことで、5ロマが動くまで待つ。

8時30分に5ロマが動き出した。
やっぱ楽だね。
d0231877_21202898.jpg

さくさく登って神楽峰に到着。
今日滑る苗場山がドーンと見える。
d0231877_21212224.jpg

この人は頂上からのドロップしか頭に無い。
d0231877_2122923.jpg

途中で会ったローカルのYさんとSさん。
面白そうな所へと滑り込んでいきました。
d0231877_21225456.jpg

神楽峰から雷清水までは下り。
だけど板を履くのが面倒くさいので歩いて降りる。
(そっちの方が面倒くさい?)
雷清水から先はドロドロの夏道を歩く。スノーシューがドロドロ・・・・・・。

d0231877_2123344.jpg

ここまではほとんど夏道を歩いてきたけど、ここから先は真剣に考える。夏道は急すぎてまず無理。
夏に登った時に見た風景とは変わっていて、1回下ってからトラバースして高度を上げていくことに。

ここで板を履き、ボトム付近まで滑り込む。ここの滑りは何も楽しくない。

ボトム付近から今度は登る。
しかしいきなりの急登にシューだと不安だったのでアイゼンに変える。
ルーマーはアイゼンも履かずにスキーブーツを蹴りこんで登っていく。チャレンジャーだ。

d0231877_21242295.jpg

一気に高度を上げたら、今度は大斜面のトラバース。
ちょっと間隔を空けながら進む。
ルーマーはシールなのでサクサク。
二番手の自分はず~っと脛ラッセル。変わってもらおうと振り向いても八海山はいない・・・・・。

しかし直下から見上げる苗場山は迫力満点だった。
d0231877_2125758.jpg

それと向かい側の中尾根から見た斜面はメチャメチャ斜度がありそうに見えたけど、近くで見るとそうでもなかった。
d0231877_21255219.jpg

大斜面のトラバースも終わり、今度は稜線を登っていく。ここでまたシューに履き替える。

今回は荷物も多いし、一人でラッセルだしでしんどいったらありゃしない。
滑り出しのタイムリミットを12時と決めて登っているが、ピークまでは無理っぽい。
ピークまで行ってもガリガリっぽいし調子の良さそうな所までとした。

でも彼はグングン登っていく。
d0231877_21263620.jpg

しばらく登ったところでハイク終了。
ここからルーマーの滑り込むところを指示することに。

僕が滑り込むところは見た目ボコボコだけど、雪質は悪くなかった。
d0231877_21275124.jpg

逆から見た三角山。
d0231877_2128288.jpg

しばらくするとルーマーから無線が。
「そろそろドロップします」と言ってるがどこにいるのか全然分からない。

しばらく無線でやり取りしてルーマーを発見!
良さげなプチシュートを指示すると勢いよくドロップしてきた。
d0231877_2129861.jpg

案の定、あっという間に見えなくなった。

滑り終えたルーマーから無線で「雪イイっすよ!」と。
「マジで?」

「あー早く滑りてー」
一眼を持ってきている八海山に連写で撮ってもらおうと、彼の準備を待つが、遅いので先に行くことに。

斜面をさえぎっていたノールを越えると、あの憧れていた斜面がドーンと目の前に。
もう大興奮!しかも雪質も思ってたより格段にイイ!
太陽を背にして滑っていたから、上がるスプレーも影で分かった。
「さ・・・・・・最高~!」

ルーマーの所まで滑り、八海山を待つ。

彼も気持ち良さそうに滑っていた。
d0231877_21295627.jpg

もう何年も思い続けていた分、感動も大きかった。

しばらく余韻に浸りたかったが、これから強烈な登り返しが待っているので急ぐことに。
まずはコルまで。

d0231877_21303794.jpg

登り返しさえなければもっと最高なのにね。

ゼ~ゼ~しながらコルに到着。
振り向いて見た苗場山は太陽の光を浴びて、ステンレス製みたいな色に輝いていた。
d0231877_21312236.jpg

ここでやっと昼飯タイム。
風も穏やかで気持ちがいい。

昼飯タイムが終わったら、またしても登り返し。
今度は雷清水から神楽峰まで。

もう完全に無口(笑)

ヘロヘロで神楽峰に到着。
苗場山滑走の達成感と、もう登らなくていい安心感でグッタリ。

あとは滑って降りるだけ。

最高の1日だった。

今回は運も良かったと思う。天気、雪質、積雪量などね。うん、最高のタイミングだったね。
誘ってくれたルーマーに感謝!
[PR]
# by seven__three | 2008-04-08 21:16 | 雪山

母さん・・・・・足がつりそうです。

8日、今回の山は迷いに迷って平標山に決定した。
パートナーはkei君。

田代の駐車場からkei君の車で火打峠へ向かう。しかし雪が降っているがなんとなく暖かい。もう春がすぐそこに来ている感じがした。

7時過ぎにハイク開始。
d0231877_2153170.jpg

夏は平らな登山道も冬はこの通り。

前日のトレースがわずかに残っていて、それを頼りにサクサク進む。ここからラッセルじゃ死んじゃうね(笑)
天気は回復傾向。しばらくは曇っていたが、時々晴れたりした。
d0231877_2161775.jpg

しかし今日は体が重い。ハイクがしんどい・・・・・。
ピークに伸びる尾根へのとりつきまで来ると、北面のツリーということもあって、雪質がガラリと変わりテンションも上がる。
先行スキーパーティーのトレースを踏んでいくが、シューでも沈んでしまい、ちょいラッセルに変わった。

それでもテクテクと高度を上げていったが、森林限界まで来ると風に叩かれたカチンカチンのバーンがお出迎え。さらに風が強い。
d0231877_2171681.jpg

ここでkei君と作戦会議。ピーク付近まで登り、沢を選ぶか、今登ってきたフカフカのツリーを攻めるか?
沢のコンディションは行って見ないと分からない。そこでハズすのもイヤなので、ここからツリーを攻めることにした。

まずは僕から。出だしは硬かったが、あっという間にフカフカに変わる。
d0231877_2175796.jpg

木の間隔も程よく、気にしないでスピードにのせて滑る。

ツリーを抜けたところで止まってkei君が来るのを待つ。
林の中からスゴい雄たけびと共に彼が滑ってきた(笑)
相当気持ち良さそうだ。

「いやー気持ちよかったね~」
「もう1本行きましょう!」

登り返しの準備をし、一歩踏み出したところで僕の足に異変が・・・・・。
「kei君・・・・・・俺、足つりそう・・・・・」
1本目の滑り出しのときから違和感が少しあった。

少し休み、また一歩を踏み出すがどうもヤバそうな気がする。
「俺ここにいるからkei君行ってきてよ」
とkei君を送り出し、ここで休憩。

しかし雪山で足がつりそうになったのは初めてだ。立山テン泊でカチカチに凍ったブーツに無理やり足を突っ込んで足がつった事はあったけど(笑)

彼が降りてくるまですることないんで、景色を見ていたり写真を撮ってたりしたら、後ろから「ハァハァ」と息遣いの荒い何かが迫ってきた。

「はっ」と振り向くと、そこには真っ黒なラブラドールがいた。
「おー、なんだなんだ」と頭を撫でていると、僕には目もくれずにバックパックをあさり始めた(笑)
d0231877_2183983.jpg

犬好きの僕にはたまらない癒しの時間。
遠くからテレマーカーの人(夫婦?)が「すいませ~ん、なにか悪さしちゃいましたか?」と声をかけてきた。
どうやらこのラブは彼らの犬らしい。

しばらく僕のバックパックをあさってたラブも飼い主の所へと戻っていった。
d0231877_2193047.jpg

この風景はまさしく僕の理想。いつかは犬を連れて色々な所へ行きたいね。

「kei君早く来ないかなぁ」なんて思っていたのも束の間、無線が入りドロップすると。
またしても発狂と共に彼が勢いよく滑ってきた。しかし彼の声はよく響く(笑)でもこれも山の中では必要だよね。

僕から100mくらい先に止まって振り向いた彼の顔を見れば「どうだった?」って聞かなくても分かった。

「じゃー風がかわせるところまで降りて休もっか?」
ってことで休憩バッチリで足も復活した僕から滑る。
d0231877_21101316.jpg

まだまだ雪も腐ってなく気持ちがいい!
d0231877_21105185.jpg

途中、ハイクしているスキーヤーの間を突っ切った時「おーーーー!来た来た、かっこいいね~」と言っていたのは聞き逃さなかった(笑)
d0231877_21112947.jpg

なんか顔がニヤケる。

高度が下がると雪も腐り始め、最後はブレーキがかかるような雪質になっていた。

適当なところで休憩し、駐車場へと歩いて帰る。
d0231877_2112624.jpg

でも足がつりそうになってしまったのは、ちょっとガックリ。
2本目も行きたかったッス。
ま、しょうがないけどね。

今までは彼と一緒の時は必ず低気圧がやってきて、ヒドい時には暴風雪になっちゃうくらい。
しかし今シーズンは彼と一緒のBCはハズレ無しだね。
d0231877_21124312.jpg
[PR]
# by seven__three | 2008-03-13 21:04 | 雪山

再びオグナへ・・・・・

24日、猛吹雪によりスキー場閉鎖という結果に終わった僕らは、ユッキー達と別れた後、沼田の道の駅「白沢」でふて寝する。

別に渋滞を避ける為じゃない。明日(月曜日)が休みなんで時間つぶしの昼寝。
で、またしても温泉。ここの道の駅には温泉があるのだ。

なぜ沼田エリアから離れないかというと、今日オグナが終日営業できなかったのは3時に電話で確認済み。
ということは、明日行けば思いっきりパウダー天国になっているはず。フフフフフ・・・・・・。

もうすでに妄想が大暴走。
そして再びオグナへと車を走らせる。

駐車場に着くと雪は相変わらず降っているが、風が少し弱くなっていた。明日の予想天気図では晴れないかもしれないけど雪も風も止んでいると思う。

そして25日。
もう自分は朝からエンジン全開!
営業開始の20分前からレストハウスでスタンバイ。
d0231877_20532912.jpg

朝一は第3クワッドは動かないと予想して第1にとりあえず並ぶ。
そしたら案の定、第3は動かない。
d0231877_20541156.jpg

隣の第2もピクリともしてない。ま、このリフトは関係ないけど。
d0231877_20544961.jpg

しかしまだ風が強い。ちょっと気になる。

まずは第1に乗って軽く滑る。このリフトに乗っても、次の第4に乗れないとパウダーは滑れない。だから第1を滑りながら第3か第4が動くのを待つ。

すると第3が動き出した。僕達もすぐさま乗る。

リフトに乗ってる最中は、キョロキョロしながらゲレンデの隅々まで観察(笑)
どこを滑ろうか悩む。

前にジーニアスとフィッシュに乗っているいかにもパウダージャンキーっぽい二人もずーっと作戦会議してたかんじだった。
d0231877_20552877.jpg

トレーニングの上を通過。
完全に面ツル。よだれが出そう。
d0231877_205648.jpg

まずは1本目。トレーニングコースに突っ込む。
予想を遥かに上回る雪質。
気持ちのいい斜度。
スピードに乗せてバカでっかくターン。

スペシャル気持ちいい!!
「今日は最高!仕事休んでよかった~!」
滑り終わったらそのまますぐリフトへ。

さっき滑ったコース。
d0231877_20564695.jpg

今日は平日。人が少なくギタギタになる気配は皆無。
d0231877_20574929.jpg

この時リフト3本目かな?

ちなみに向かいの第4が動かないと滑れないコースは、第4が動いてないのでノートラック。

とにかくトレーニングとスラロームコースを死ぬ気で回す。昨日1本も滑らずしてスキー場を去った友のためにも(笑)
しかしホントに今日はスゴい。滑っても滑ってもギタギタにならない。

顔がニヤけっぱなし。
d0231877_20582666.jpg

d0231877_20585435.jpg

いつもならあっという間にギタギタになっちゃうので、写真なんか撮ってる暇ないぐらいだけど、今日はのんびり出来る余裕もある。
曇ってて気温が上がらないから雪質も変わらないし。

しばらくしたら第4が動いたので移動。
こっちも吹き溜まったところはバフバフ。どこ滑ってもハズレなし。

お昼近くになって晴れてきたけども、まだまだ雪は軽い。

1時くらいまで滑ってヘトヘトになって「もうそろそろ上がる?」ってことで本日のパウダー終了。

滑り疲れました・・・・・・・。

今日は見事にヒットしました。
昨日のうっぷんも全部帳消し。

やっぱ平日パウダーだね。平日最高~!!

でも、もしオグナが駄目だったら、もう数年前から狙っている「赤沢パウダー」に挑戦してたかもね(笑)
意外とチャンスだったような気がするんだけど。
[PR]
# by seven__three | 2008-02-27 20:50 | ゲレンデ

自然の力には勝てません

まー、嫌な予感はしてたんですよ、はい。

日曜日に滑るゲレンデを探していたけど、天気図を見るだけで「無理!」と答えが出るような・・・・・。


「24日」
ユッキ~達が「オグナほたか」に行くということで、色々考えたけどオグナに賭けてみることにした。

23日の夜中に駐車場に到着。天気は完全に荒れ狂っちゃってます。
車の中で寝ていても、数人の力自慢が僕の車を揺らしているかのごとく、風の力で車が揺れてちょっと酔っちゃうくらい・・・・・・。

朝、6時30分に起きて朝飯を食べながら窓の外を見るが何の期待感もありません。
「あのー、すごいんですよ、吹雪が」とユッキ~に電話してみる。
「とりあえずそっちに向かっているから」とユッキ~。

しばらくして
「なんか駐車場に行く途中で係の人に止められちゃったんだけど」
「なんで?」
「いや、もう営業は無理みたいよ」
「うそー?」
なんて会話をしてたら、夜中に駐車料金を徴収に来た係の人がこっちに来て
「あのー・・・・・今日は無理です。スキー場を閉鎖します」
「いや、でも天気回復傾向だから昼くらいまで待ちますよ」
「そう言われても困ります。変な期待を持たせるのもあれなんで、この時点で閉鎖としますので」
と、彼に渡した千円がまた戻ってきた。

しょーがない、撤収だ。

もう10数年スノーボードをやっているが、スキー場閉鎖は初めてかもしれない。
「じゃ、ユッキ~達と合流しよう」
と車を出すが、あまりの吹雪に道が分からない。

ちょっと走っては車を降りて確認(笑)

林の中に入ってようやく視界がハッキリしてきた。
d0231877_2046882.jpg

パトカーも出動しちゃってるし。
d0231877_20464994.jpg

ちょうどいいから先導車になってもらう。
d0231877_20472763.jpg

ユッキ~達と合流し作戦会議。
沼田エリアでは片品と岩鞍がやっているらしい。って言っても全エリアではないと思うし、片品はスキーヤーズオンリーだし。
「じゃ、水上に行ってみようか?」ということで水上へ。
d0231877_2048510.jpg

結果・・・・・・・・むだ足。
完全に諦めました。

その後は温泉に行って飯食って。ユッキ~達と分かれました。

高速道路の電光掲示板には「通行止」との表示が。
d0231877_20485030.jpg

「すげー渋滞するんだろうな~」と思いながら車で昼寝。

ちなみに今日は自分の誕生日。
いい「思ひ出」になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・つづく
[PR]
# by seven__three | 2008-02-25 20:42 | ゲレンデ

豪雪地帯のファーストトラック再び(後編)

道の駅で仮眠して、スキー場へと向かう。

しかし降雪が半端じゃない!

駐車場に着くと、除雪作業の真っ最中。
よく見ると30cm以上は積もっている。
d0231877_20333535.jpg

オープン前にレストハウスに行ってしばし休憩。
しかし何度も言うけど雪の降りっぷりがスゴい。
d0231877_2034169.jpg

営業開始10分前にリフト乗り場に行ってみるが、リフトが動く気配なし。
しばらくしてリフト係のおじさんが来て「圧雪作業が間に合わないから8時30分に開始できない」という。
時計を見ると確かに時間が過ぎていた。
d0231877_20345588.jpg

ちなみに先週同様、先頭に並んでいます。

10分後にリフト運行開始。
やっぱり一番は気持ちいい!
d0231877_20355783.jpg

とか思ってても、このドカ雪に板が走らないのは間違いなさそうな気がしてならない。

第1ペアリフトを降りてCコースを見るが横殴りの雪とちょっとガスっていて視界が良くない

ということでEコースに向かった。

もちろんファーストトラックだ!

「いやっほう!」と飛び込んだのも束の間。やっぱり板が走らずに、とってもスローリーな1本になってしまった。

もうそれからはCコースばっかり。こっちのほうが斜度があるのでEコースよりはマシだった。

ただ全然視界が良くならない。

それでも深すぎるパウダーバーンに勢いよく突っ込んでいき、ドフ~っと気持ちいい4ターンくらいを永遠に繰り返す(笑)
その後は失速しちゃうけどね。

短い板の人たちは、スタックしたまま20分くらいモゾモゾしてた。

しばらくして辺りを見回すと、どうやら他の人たちは撤退したらしく、自分一人しか滑ってない気がする。リフトに乗ってるのも、隣のコースでスキーの大会をやっていたので、ピチピチのウェアを着た人たちは乗っているが、パウダーで遊んでるのは自分一人しかいない感じがする。

リフト係のおじさんも「おまえだけだよ、さっきからグルグルグルグルまわっているのは」と言っているような顔をしている(笑)

もう楽しくてしょーがない。

しばらくしたら天気が回復して薄日が差してきた。
d0231877_2037966.jpg

もうリフトに何本乗ったか分からない。

ゴーグルが曇っちゃって10分くらいレストハウスで休憩した以外は、ずーっと滑りっぱなし。
時計を見たら11時を回っていた。

「もう結構ギタギタになったでしょ?」と思っていたら、いきなり晴れだして遊んでたバーンがハッキリ見えた。
d0231877_20375312.jpg

完全にギタギタだね。
それからはまた端っこに残っているパウダーを滑って遊ぶ。

「いやー、今日は楽しい!」
d0231877_20383223.jpg

12時を過ぎると気温がグングン上がっていき、あっという間に雪が腐っていった。

d0231877_20391787.jpg

リフト午前券の終わる時間は13時。それまでキッチリ滑って楽しい時間が終了した。

その後はお決まりの温泉へ向かう。

d0231877_20395791.jpg

温泉入って軽く寝て、今日一緒に滑る予定だったkei君と、今日午後から水上で滑っているルーマーと奥利根で合流してナイターセッション。
d0231877_20403576.jpg

ルーマーがちょっと気になったツリーの中を除いてみると、残っていましたパウダーが。
ま、ちょっとタイトだけど。
ここでも少しパウダーをいただく。

しかしルーマーの滑りには惚れ惚れしてしまう。
彼はこんなタイトなツリーの中も飛び跳ねるように軽々と滑ってしまう。やっぱ彼は違う!

結局21時くらいまで滑ったのかな?
その後は水上の温泉街にある「雪松」でかたやきを食べてみんなと別れた。この店深夜1時までやってるらしい。
d0231877_20411942.jpg

今回の「さかえ倶楽部」は楽しかった!
この重めの雪質で激深はスキーヤーじゃたぶん無理だと思った。たしかに一人もいなかったけど。
ボードもトンガリ持っていた人は数人いたけど、途中であんまり見なくなっちゃいました。
人がだんだんいなくなっていったのも、前半の悪天候が良かったのかも(笑)

でも言っておきますけど、ハズした時はつまらないゲレンデになると思いますから注意してください。
[PR]
# by seven__three | 2008-02-19 20:29 | ゲレンデ